タグ別アーカイブ: 錦川鉄道

2021/12/26 第2回中国地方ローカル線ファンミーティング

昨年コロナのために開催できなかったファンミーティングを、改めて12月26日に開催予定です。

昨年お申し込みいただいた方への優先申込期間が終了し、いくらか空きができましたので一般の方のお申し込みを受付いたします。

参加ご希望の方は メール ohmy@geibies.com またはtwitter @aki_yaguchi 宛のDMに、
「お名前、お電話番号、メールアドレス、ご住所」を書いてお申し込み下さい。

多数のご参加をお待ちしております。

2020/12/27 第2回中国地方ローカル線ファンミーティング(開催延期)

2020/12/20 追記

12月27日開催予定でした「第2回中国地方ローカル線ファンミーティング」は、全国的な新型コロナウィルス感染症の拡大、特に広島市での急激な感染拡大を受けて、急遽開催を延期させていただくこととしました。直前の決定となりましたこと、深くお詫び申し上げます。

開催はコロナウィルスの状況、ご講師のご都合もうかがいながら、2021年5月以降で調整したいと思います。お申し込みいただきました皆様には、改めてご案内いたします。

2020/11/9 追記
ご好評につき、ファンミーティングそのものは満席・受付終了となりました。
多数のお申し込みをいただき、ありがとうございました。

美川ムーバレー様のご協力をいただき、
地底ホールで行う講演(1)(3)を聴講できる、入場整理券を当日販売いたします。
入場整理券は300円で、会場後方への着席となります。

「第2回中国地方ローカル線ファンミーティング」は、安芸矢口企画が年末にお届けする、ローカル鉄道ファン・ローカル鉄道を応援する団体・交通事業者のための、交流と学びのイベントです!
年末の一日をぜひご一緒に。

★ここでしか聴けない!?三大講演★

基調講演 米子工業高等専門学校教授 加藤博和先生

三次市・庄原市・岩国市など中国地方のあちこちの公共交通会議に参加され、公共交通維持・改良の最前線で活躍されている、米子高専の加藤博和教授に、「公共交通の改善プロセス」という演題で基調講演をいただきます。外部からは見えにくい、行政と交通事業者の関わりなど、教えていただこうと思います。
米子の加藤先生と言えば、院生時代に備北交通についての研究(自費出版)、次いで芸陽バスについても本を出され、後にプロの研究者になった方で、広島の交通趣味者にはおなじみですね。私ども(安芸矢口企画)の地元でも、「やぐちおもいやりタクシー」の立ち上げ・運営に関わっていただき、何かとご縁があります。

講演2 錦川鉄道株式会社 古本高博社長

列車以外では到達できない、列車で降りてもどこにも行けない、そんな不思議な存在である
「清流みはらし駅」が開業して1年半あまり。
清流みはらし駅設置の狙いと経過、コロナ禍の影響も含め、鉄道の観光利用の現況と課題をうかがいます。

講演3 美川開発株式会社 (演者未定)

江戸期より、幾度かの中断を挟みつつも平成5年まで錫・銅・タングステン鉱山として採鉱が行われた玖珂鉱山。閉山から3年、鉱山跡は謎の古代文明が発掘されるテーマパークとして再生。何故「ムー」なのか。その背後ではどのような意思決定と紆余曲折があったのか。産業遺産の観光化の先達に教えていただこうと思います。


★5つの見所★

(1)往路はキハ40(烏山色・観光改造車)の貸切列車!
車内で講演(2)を行います。

(2)清流みはらし駅を下車見学
冬場に寒風吹きすさぶ清流みはらし駅に降りる機会なんて、当行事以外には無いかも??

(3)美川ムーバレー・地底ホールに入場・講演を聴講
タングステン鉱採掘跡を拡張した、異世界感あふれる「地底ホール」に入場し、ここで
基調講演および講演(3)をいただきます。外は真冬でも、鉱山内は一定の温度が維持
されています。入ったら皆さん驚くかも?

(4)参加者による活動発表・懇親会
講演が終わったら、対岸の交流施設「山ほたる」に移動して懇親会を行います。
希望者・希望団体にはショートスピーチ(活動発表)もしていただけます。

(5)復路も定期列車に専用車両を増結
ゆったりと交流しながら岩国へ。この時間が実は貴重でして、前回(2017年)もここで
後につながる出会いが生まれています。


実施日は 2020年12月27日(日)、12時10分集合~19時解散
参加費は 一般 4,500円 学生・生徒・児童 3,500円
全行程の移動と懇親会での茶菓を含みます。

新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、列車・バスに乗車する参加人数を、講師を除き30名までといたします。また、各自マスク着用などの配慮をしていただきますようお願いいたします。

参加のお申し込みは、安芸矢口企画(小野)まで。
参加者される方のお名前とメールアドレス、電話番号をお知らせ下さい。
電話 090-8363-3467 メール ohmy@geibies.com
facebookのメッセージや、twitterのDMでも受付可能です。

2017/12/24 錦川鉄道で忘年会・研修会・懇親会・試乗会列車

(イベント案内)

(使用するキハ40観光改造車)

安芸矢口企画は、来る12月24日(日)に忘年会&研修会&懇親会&試乗会イベント
「中国地方ローカル線ファンミーティング」を開催いたします。

このイベントは、中国地方のローカル鉄道に関わる皆様にお集まりいただき、学びと交流を行うことによって、各自の2018年の活動をレベルアップしていただくことを目的に行います。また、三江線を中心に激動の2017年を振り返る、中国地方ローカル線クラスタの忘年会でもあります。

【日時】2017年12月24日(日) 11時頃スタート~14時前頃終了

【会場】錦川鉄道錦川清流線 特別列車車内
(キハ40烏山色観光改造車を使用予定)

【内容】往路(岩国行き) 基調講演 「ローカル鉄道という希望」
ローカルジャーナリストで木次線80周年記念事業のアドバイザーも
務める田中輝美さんと、ローカル鉄道を地域の希望にし、それを
具現化する方法を考えます。あわせて、錦川鉄道さんから近年と
これからの取り組みについてお話をいただきます。

復路(錦町行き) 参加者相互の懇親会。
ソフトドリンクと菓子を用意した立食パーティ形式で行います。
希望者・希望団体には自己紹介・発表タイムも作れます。
希望者には錦川清流駅弁や沿線の清酒の積み込み(別途支払)も

終了後、錦町駅かその周辺でアフターイベントを予定します。

【参加費】大人 3000円  小学生 1000円  未就学児 無料

【お申し込み】安芸矢口企画 ohmy@geibies.com 090-8363-3467 にお知らせ下さい。
twitterやFBでお知らせいただいても結構です。

2017/11/05~ 錦川鉄道安芸矢口ギャラリー(第4期)三浦志保子作品展

 (展示作品の一部)

安芸矢口企画が、錦川鉄道のNT3001車内で行っております「安芸矢口ギャラリー」では、2ヶ月ごとに6つの企画展を予定しております。

来る11月5日(日)夕方から、第4期として「三浦志保子作品展」を行います。

三浦さんは浄土真宗本願寺派の僧侶として、また美術教師としてご活躍中です。

今回の展示では、お寺・仏様に関わるほのぼのとした作品の他、三江線川平駅の風景や学校の光景、アーティスト楽曲に着想を得たデッサンなど19点の作品を掲出させていただきます。
幅の広い作品をお楽しみ下さい。

会期は12月末までを予定します。車両検査等の都合により、3001号が走らない日もございます。あらかじめご了承下さい。

三浦さんが坊守を務める、江津市川平町・正福寺さまのWebサイト
http://user.iwamicatv.jp/mako1003/

是非、ギャラリーをご覧に錦川鉄道へ、そして川平・江津にも!

 

2017/9/3~ かつなが作品展 (清流線安芸矢口ギャラリー第3期)

  
(いずれも展示予定作品)

安芸矢口企画が、錦川鉄道のNT3001車内で行っております「安芸矢口ギャラリー」では、2ヶ月ごとに6つの企画展を予定しております。

来る9月3日(日)から、第3期として「かつなが作品展」を行います。

安芸矢口企画からの依頼作品3点を含む、20作品が日々清流線を走ります。
かつながさんが、水彩や色鉛筆といったアナログ画材とCG技術を融合させて紡ぎ出す、少し不思議な世界感をお楽しみ下さい。

会期は10月末までを予定します。清流線車内ギャラリーでは初となるイラスト展です(これまでは全て写真展)。なお、車両検査等の都合により、3001号が走らない日もございます。あらかじめご了承下さい。

かつながさんのWebサイト 「ピロシキ下克上計画関東支部」https://kuchieya.wixsite.com/piroshiki

----------

なお、かつながさんには9月の月例イラストでもご登場いただく予定です。
こちらもご期待下さい!

C92新刊 「歓迎!錦川鉄道キハ40」

夏コミ(C92)の新刊、第1弾のご案内をいたします。

5月2日に錦川鉄道錦町駅で行われた、キハ40の搬入作業に密着。
5時間にわたった搬入作業を様々な角度で記録したリーフレットです。

B5判、オールカラー8p。頒布価格は200円を予定しております。

どうぞご期待下さい。

2017/07/07 錦川鉄道車内ギャラリー「三江線ラストイヤー」

安芸矢口企画では、錦川鉄道の3001号車の車内ギャラリーを1年間借り切って、写真等の展示を行っております。

5月から「りょうま駅長展」を掲出しておりましたが、7月7日から展示替えを行い

「三江線 ラストイヤー」展を開始いたしました。

先日から邑南町内で巡回しております写真展示の一部と、備北交通さんとのタイアップ「三江線フォトトレイン」にご参加いただいた方の作品など16点を飾っております。

清流線でギャラリーを見た方が「そういえば三江線ってなくなるんだったな」と思い起こすきっかけになれば幸いです(そして三江線と沿線への来訪につながれば・・・)

三江線の展示は8月いっぱいを予定しております。

2017/04/29 清流線車内ギャラリー「りょうま駅長写真展」発車!

(3001号車車内)

(3001号車外観)

安芸矢口企画では錦川鉄道応援のため、同社が錦川清流線車両内に設置した「清流ギャラリー」を1両分12ヶ月間使用する契約をいた しました。

「ローカル鉄道応援ポスター」同様、利用料で清流線を応援すると同時に、「安芸矢口ギャラリー」として、2ヶ月スパンで6つの企画展を行うことによって、車内コンテンツを提供する試みです。

初回は、芸備線志和口駅のねこ駅長「りょうま駅長」を紹介する
「会いに行けるねこ駅長 りょうま駅長写真展」をご覧いただきます。

4月29日、「りょうま」を見守る会からご提供いただきました、凜々しくかつ愛らしいりょうま駅長の写真11点を携え、錦町駅におもむきました。

12:17、527D錦町行きの1両目で到着した3001号車「せせらぎ号」に乗り込み、錦川鉄道S課長と設置作業を実施。14:14、同車両が532D岩国行きとして発車したことで、「安芸矢口ギャラリー」の「会いに行けるねこ駅長 りょうま駅長写真展」がスタートいたしました。

清流線の日常的な利用者の人々や清流線に遊びに来た人々が、芸備線や志和口に足を向けていただくきっかけになればと思います。わずかでも交流人口の増加につながることを期待しております。

「会いに行けるねこ駅長 りょうま駅長写真展」は6月末までの予定です。途中写真の追加、一部入れ替えを予定しております。7月からは三江線フォトトレインの作品などで、三江線写真展を行う予定です。

※運用の都合で、3001号車「せせらぎ号」が全く走らない日もございます。その際はご容赦下さい。

(追記)

2017/05/04に写真4枚を追加しました。

2017/05/01~ 錦川鉄道車内で「鉄道とネコ」展(展示写真も募集)

安芸矢口企画では、5月1日から錦川鉄道の車内で写真展「鉄道とネコ」を開催いたします。会期は6月末まで、掲出車両は決定次第またお知らせいたします。

この写真展は、錦川清流線の「車内ギャラリー」を1両分・1年間借り受け、「安芸矢口ギャラリー」として2ヶ月ごとに6つの企画展を提供することとしたものの第1弾です。清流線のポスター掲出に続く広告支援かつ、定期的な車内コンテンツ提供という両面作戦となります。

「鉄道とネコ」展は芸備線志和口駅の「「りょうま」を見守る会」の協力を得ます。

ご協力、よろしくお願いいたします。

2017/02/26 清流線(体験型)乗車オフ

当日の様子をtogetterにまとめましたのでご覧下さい。
2017/02/26 安芸矢口企画 錦川鉄道・錦川清流線体験型オフ


(錦町の車庫に憩う「ひだまり号」)

(錦パレスの川ガニ鍋)

安芸矢口企画では、来る2月26日(日)に恒例の錦川鉄道・錦川清流線乗車オフ会を実施します。

本年の清流線オフは、錦川鉄道さんの格別のご配慮により、体験型イベントとして実施することとなりました。

●内容●

岩国    834  (接続 広島731→岩国825)
清流新岩国 850  (接続 広島802→新岩国817)
↓         523D
下河内   908
         ★発条転轍機(スプリングポイント)の構造解説、手動転轍体験
下河内   1027
↓         525D ★列車情報制御表示装置(TICS)解説、車内放送体験
錦町    1101
         ★沿線電話機操作方法の学習、通話体験
錦町    1230ごろ
↓         無料送迎車 (岩国市生活交通バスも選択可)
雙津峡温泉
          昼食、入浴、散策等
雙津峡温泉 1520ごろ
↓         無料送迎車 (岩国市生活交通バスも選択可)
錦町    1605
↓         534D
清流新岩国 1659  (接続 新岩国1729→広島1743)
岩国    1715  (接続 岩国1722→広島1815)

●費用●
運賃・入浴料・食事などは参加者各自でお支払い下さい。
清流線での体験プログラム実施費用として、お一人1500円(保険料込み)ご出宝をお願いします。

●お申し込み●
「オフ会」の位置づけですので、これまでに安芸矢口企画とご縁がある(本所に遊びに行ったことがある、主催行事に関わった、Webで絡んでる、等)方のみ参加できます。

体験活動がありますので、参加は10名までとさせていただきます。
参加ご希望の方は、何らかの手段で王舞までお知らせ下さい。
保険の都合がありますので、19日までのお申し込みをお願いします。